少なくなってしまったケアマネの求人を神奈川で探そう

少なくなってしまったケアマネの求人を神奈川で探そう

老人と介護士

ケアマネとは何の略称

ケアマネとは、ケアマネージャーの略称となります。介護支援専門員とも呼ばれ、介護が必要な人に対しての介護保険サービスのケアプランの作成や、サービス業者との調整を行なってくれる、介護保険のスペシャリストです。

履歴書

ケアマネの求人はどうして少なくなってしまったのか

最近の日本は、高齢化社会と呼ばれるようになってきました。そのため、多くの介護施設や在宅介護支援企業が存在しています。しかし、介護保険法の改正により、要介護高齢者が減少してしまいました。そのため、ケアマネの求人もそこまで多くはありません。

ケアマネの仕事の流れを見てみよう

面接

出勤してから朝のミーティングを行う

神奈川の施設では、出勤したらまずは、前日の情報をまとめて、夜勤のスタッフや同じケアマネとのミーティングを行います。その際に、問題がなかったかをきちんと確認する必要があるからです。

午前中は電話対応や書類作成など

午前中は各所への電話対応や要介護者の書類作成、ケアプラン作成などの事務作業を行います。また、この際に利用者の病院予約の確認なども行います。

お昼の後はフロアリーダーとの協議

職員が交代で休憩を取ったのちに、各フロアのフロアリーダーと協議を取り、利用者の変化などを確認します。その後、可能である場合は事務作業に戻ります。

事務作業が終了したらミーティングを行なって帰宅

1日の事務業務を完了させると、夜勤のスタッフへの周知事項をまとめて、ミーティングを行います。この際に必要な連絡を伝えて、業務を終了させます。

広告募集中